Live in my Dream

アクセスカウンタ

zoom RSS 掌の中の一つの小さな光それは貴方の存在

<<   作成日時 : 2010/04/21 02:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シリアスになります。
大丈夫な方だけ見て下さい。
口調はリアルの口調で一人称も変わります。
愚痴というよりは不安……悲しみと言った方がいいような内容。
汚い言葉は出てきません。
ただ世間的にイケナイコトなのでそれだけは心に留めていただければ、と。
心の中で想うのは自由だよねってことで、書いてます。
この注意書きを読まずに……いや、読んでたとしても、誹謗中傷的な内容のコメントはしないで下さい。
文句等があるなら心の中でお願いします。
今の私は普段より何千倍、何万倍、何億倍も傷つきやすくなってるので。
大袈裟のように思うかもしれませんが、事実です。
ここまで読んで大丈夫な方だけ、この先を読んで下さい。


いつぞやかこのブログで言ったように、私は古典のせんせが好きです本気で恋愛で。
この先書いてる内容は全部そのことについて。
独り言……のようなものです。
私の今の心の内じゃなくって今までの出来事の整理。






このブログ見てるおべんとメンバーのみんなはもう知ってるし、今までの記事でわかってくれはった人もおると思う。古典のせんせが異動になった。公立やし異動するかもってことは覚悟してた。……でもたぶん前の記事に書いたようにそれは“つもり”やったんかもしれん。覚悟してるつもり。心の奥では異動なんてせんやろって期待してたんやと思う。
ごめん名前出してもいいかな?あかんかったら言ってな、すぐ名前消すから。
四月一日、Oせんせから電話。誕生日おめでとうって言ってくれた。わざわざ何で電話してきてまで言ってくれたんやろうって疑問に思いながらもむっちゃ嬉しかった。四月二日、さりーちゃんからメール。異動するかもって知って、異動するなって思った。こういうときのうちの直感っていらんくらい当たる。だから異動せんって期待はせんかった。たぶんこれもつもり。だって泣けんかった。現実受け止められてへん証拠やし。家族がおって叫ばれんってのも泣けんかった理由の一つやとは思うけど、やっぱ受け止められてへんかったんが一番の理由やと思う。ただちょっとだけ泣けたりしたんは現実を受け止めれそうになってたんやと思う。結局受け止めれんかったけど。その後さりーちゃんのブログで異動が確実なのを知った。それでも泣けんかった。やっぱ現実受け止めれてへんかった。それから色々考えてみたら辻褄あってまじ病んだ。終業式の次の日にゆかりちゃんと学校行ったときに出張行ってたのも、誕生日にわざわざ電話かけてきてくれたんも、どっちも異動するから。異動す
るから異動先の学校に色々するために出張に行ってた。異動するからもう学校で会えんよなるから電話でおめでとうって伝えた。ほら辻褄合うやん。ほんま意味わからん。
四月八日、始業式。朝校門とこにOせんせ立ってなかった。式ときもどこみてもやっぱOせんせはおらんくて。嗚呼もう話しかけんでよ頼むから何も言うな。みすたーに思った。
四月九日、離任式。見たくなかった声聞きたくなかった会いたくなかった話しくなかった。まじ離任式くるなって思ったけどそんなうちの願いは叶う筈もなく。だから絶対見んとこて思てせんせーらが入ってきよるとこ、みんな振り返る中うちは振り返らんかった。だって見たくないし。壇上に上がったあとも前の人で隠したりして見んかった。位置くらいは把握しとこて思ったのは絶対、会いたかったから。離任するせんせーらが一人一人挨拶してく。Oせんせのときだけ膝に顔埋めて一回も顔見んかった。見てたら絶対泣いてる声だけで泣きそうになった。OせんせのあとのI田先生と保健室の先生のでも泣きそうになった。挨拶終わって式終わったあと恒例みたいに生徒半分に割ってその間をせんせーらが通っていった。最後までOせんせは4仔1でふざけ合って笑ってた。泣きそうやったけど堪えた。見るんじゃなかったと思った。そのあと整列しなおして休憩時間。トイレ行って体育館に戻ってきてまゆちゃんとゆかりちゃんと合流。まゆちゃんが泣いたと知ってうちその場で
泣いた。休憩5分しかなかったからあんま泣けんかったけど。離任式のあとは対面式やってからM浦先生に色紙とか渡しにゆかりちゃんとまゆちゃんと職員室前へ。茶道部メンバーと合流してM浦先生に色紙とか渡した。M浦先生と話してたら職員室中からOせんせが来た。見た瞬間後ろ向いた。だって笑顔とか見たくない。でもM浦先生と話したりしてたからちょっと間して振り返った。そのときは視界に入ってなかったけどM浦先生と別れる前にOせんせが視界に入った。応接室におるからってM浦先生が言ってその場離れたあとOせんせに話しかけられそうなって笑顔見てもて声聞いてもて右におったゆかりちゃんに泣きついた。そのまま、Oせんせを拒んだまま泣きながら教室帰った。教室でしばらく泣いてテスト受けた。テスト中も泣きそうなった。放課後、宿題終わってなくてまゆちゃんさりーちゃんゆかりちゃんたちと6組の教室で宿題たいむ。ozkが職員室戻ったあとみすたーが来て宿題の邪魔して行って変なテンションなってたらOせんせが来た。絶対みすたーが
言ったんや。来たときほんま嫌やった見るのさえ嫌やのに話なんてしたくなかった別れたくなくなるから。それでも笑顔で別れるって決めてたからかなんなのかOせんせがおるときは泣かんかった。Oせんせが行ってもてから糸切れたみたいに涙出た。お腹空いたから泣き止んだけど。宿題終わってまゆちゃんとozkに出しに行って学校出た。さりーちゃんとゆかりちゃんと話しながら駅行って延々話してた。19時過ぎの電車乗ってゆかりちゃんと魚住で下りて近くの公園でOせんせに電話するかせんかで散々迷った挙句電話せずに帰宅。無駄な時間使ってもてごめんなゆかりちゃん。家帰ったあとは晩御飯食べてから泣き疲れて寝た。
土曜日はスタディーサポート受けてお昼からゆかりちゃんと出かけた。家帰ってからは普通に過ごしてた。夜中の1時くらいにお風呂入って号泣した。たぶんそのときに現実受け止めれたんやと思う。木曜日土曜日とOせんせおらんくって金曜日に離任式したから。30分くらいは泣いてた。酸素足りんくて死ぬかと思った。ていうかそのまま酸欠で死ねればよかったのに。

最近は寝るときいっつも“寝てそのまま起きんかったらいい”“このまま永眠出来たらいい”って思いながら寝るお風呂ん中では“このまま酸欠で死ねればいい”って思いながら湯舟に浸かってる。でも現実ってのは残酷なもんでそう簡単にうちを死なせてはくれん。まじ死にたいのに。




以上、今までの出来事の整理でした。










.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

沖田さくら

elouai's doll maker 3

きらら

掌の中の一つの小さな光それは貴方の存在 Live in my Dream/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる